相続税対策

相続税は、相続または遺贈により財産を取得した場合にかかってきます。 

相続とは、民法で定められている法定相続人が財産を取得した場合をいい、遺贈とは遺言によって相続人やその他の人が財産を取得した場合をいいます。

相続税についてのポイントは財産の確定、評価など様々あります。
詳しくは下記の一覧からご確認ください。


 

相続税について詳しく知りたい方はこちら

相続税対策 相続税対象となる財産 相続税の計算
相続財産の評価 相続税税額控除 小規模宅地特例



ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス