相続人の中に未成年者がいる場合

相続人の中に未成年者がいる場合、その親権者が未成年者に代わって遺産分割協議に参加することになります

但し、

親権者自身も共同相続人である場合
複数の未成年者の代理人になる場合

には、未成年者に代わって遺産分割協議に参加することはできません

なぜなら、このような場合に、親権者が子を代理して遺産分割協議を進めると、親権者が自分に有利になるように分割案をまとめて、子の利益を害したり(①の場合)、特定の子に有利になるように分割案をまとめて、残りの子の利益を害する恐れがあるからです(②の場合)。

このような場合、家庭裁判所に特別代理人の選任申立を行う必要があります。

 

遺産分割手続きメニューを詳しく知りたい方はこちら

遺産分割の種類と方法
遺産分割協議書の作成
遺産分割の調停・審判
相続人に未成年者がいる場合
相続人に認知症等の方がいる場合
相続人に行方不明者がいる場合



ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス