遺産分割協議書の作成

協議によって遺産分割を行った場合には、合意内容を遺産分割協議書の形にしておく必要があります
遺産協議書があれば、親族間の無益な紛争を事前に防ぐことができます。

また、相続税の申告や、相続した不動産の登記、預金や株式の名義変更など、すべての場面で遺産分割協議書の提出が必要です

遺産分割協議書には、共通する注意点があります。

法定相続人全員で作成する事が必要です

誰が相続人であるかは戸籍により決定するので、遺産分割協議の前に、必ず戸籍調査を行って、相続人を確定させてください。

法定相続人全員が、署名と実印による押印をする事

印鑑は必ず実印を使ってください。実印を使わなければ、不動産登記や銀行の手続きができません。
なお、厳密にいえば、署名ではなく記名でも良いのですが、後日のトラブルを防ぐためにも署名をしてください。

財産の表示方法に注意

財産を正確に特定しないと、財産を処分できません。不動産や預金口座等の表記方法には注意が必要です。

割り印

遺産分割協議書が用紙数枚にわたる場合、法定相続人全員の実印で契印(割り印)してください。

印鑑証明書の添付

遺産分割協議書には、実印の押印が必要ですが、実印は印鑑証明書と一緒になって初めて実印としての意味を持ちますので、印鑑証明書も添付してください。

遺産分割協議書には、誰がどの財産を取得したのか明確に記載します。プラスの財産だけでなく、マイナスの財産についても記載します。


遺産分割協議書の作り方についても、お気軽にご相談ください。
尚、遺産分割で揉めている場合、揉めそうな場合については、下記の各項をご覧下さい。

 

遺産分割手続きメニューを詳しく知りたい方はこちら

遺産分割の種類と方法
遺産分割協議書の作成
遺産分割の調停・審判
相続人に未成年者がいる場合
相続人に認知症等の方がいる場合
相続人に行方不明者がいる場合



ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス