遺産の範囲に争いがある場合

ある不動産について、登記上は相続人のうちの1人の所有名義となっているが、実際は、被相続人のものである可能性があるため、当該不動産を相続財産に含めるべきか否かについて相続人間で争いがおきることがあります

このように遺産の範囲に争いがある場合には、遺産分割をする前に、遺産確認訴訟等で遺産の範囲に関する争いを解決する必要があります。

遺産範囲確認訴訟

遺産範囲確認訴訟は、ある財産が被相続人の遺産に属することの確認を求める訴訟です。
当該財産が共同相続人の共有財産であることの確認を求める訴訟ですので、共同相続人全員が訴訟に関与しなくてはなりません。

遺産の範囲に争いがある場合には、専門家である弁護士に相談してください。

相続手続きについて詳しく知りたい方はこちら

遺言書の検認
相続人調査と財産調査
預貯金の名義変更
不動産の名義変更
遺産分割範囲に争いがある場合




ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス