遺言書の検認

公正証書遺言の場合を除き、遺言書の保管者は、相続開始後遅滞なく家庭裁判所に検認の請求をしなければなりません

検認とは、相続人に対して遺言書の存在とその内容を知らせるとともに、遺言書の形状や加除訂正の状態、日付、署名など、遺言書の状態を明らかにする手続きです。

あくまで遺言書の偽造や変造を防止することを目的としたものですので、遺言が有効か否かを確定するものではありません

遺言書の保管者または、発見者が遺言書を家庭裁判所に提出することを怠り、検認せずに遺言を執行した場合には、過料(罰金)を課されることがありますので、検認は必ず行いましょう。



相続手続きについて詳しく知りたい方はこちら

遺言書の検認
相続人調査と財産調査
預貯金の名義変更
不動産の名義変更
遺産分割範囲に争いがある場合




ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス