相続税の計算

相続税は、以下の4段階に分けて計算します。

第1段階 各人の課税価格を計算する

① 相続または遺贈によって取得した財産の価額に、みなし相続財産の価格、相続時精算課税にかかる贈与によって取得した財産の価格を加えます。

② 非課税財産の価格と債務及び相続費用の合計額を計算します。

③ ①から②の金額を引きます。

④ 相続開始前3年以内に生前贈与を受けていたら、その額を足します。


第2段階 課税遺産総額を計算する

① 第1段階で計算した各人の課税価格の合計額を計算します。

② 遺産にかかる基礎控除額を計算します(3,000万+600万×法定相続人の数)。

③ ①から②の金額を引きます。


第3段階 相続税総額を計算する

ここでは、実際に行われた遺産分割で取得した財産の額は考慮せず、法定相続人が、課税遺産総額を法定相続分に応じて取得したものと仮定して相続税総額を計算します。

① 課税遺産総額×各相続人の法定相続分

② 各法定相続人の税額を計算(①×相続税の税率)

③ 相続人毎に計算した②の金額を加算して、相続税総額を計算します。


第4段階 各人の納付すべき相続税額を計算する

① 相続税総額を、各人が実際に取得した財産の割合(課税価格の合計額に占める各人の課税価格の割合)で配分します。

② 必要があれば2割加算を行います(被相続人の子、父母及び配偶者以外の者等) 。

③ 必要があれば税額控除を行い、各人の納付すべき相続税額を求めます。


相続税について詳しく知りたい方はこちら




ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス