遺言執行者の選任

遺言執行者とは、被相続人が遺言を残していた場合に、遺言の内容を実現する者のことです。

遺言執行者は、遺言で指定されることになっていますが、遺言で指定されていない場合には、家庭裁判所に申し立てて、遺言執行者を選任してもらうことができます。

遺言執行者に指定された人は、相続財産の管理のほか、子供の認知や相続人の廃除など、遺言執行に必要な一切の行為を行うことになります



遺言書について詳しく知りたい方はこちら




ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス