3ヶ月経過後の相続放棄

相続放棄や限定承認の判断は、相続発生を知ってから3ヶ月以内にしなければなりません。

しかし、3ヶ月という短期間で、全ての相続財産を確認し、プラスかマイナスかを判断することはなかなか難しい場合があります。


例えば、被相続人が全国各地で様々な事業を行っていた場合や、複数ヶ所の不動産を所有していた場合、すべての資産と借金を
3ヶ月で把握するのは困難です。

このような場合は、相続放棄の期間を延長してもらうことができます
相続について利害関係を有する人が家庭裁判所に請求することにより、この期間を延長することができます。

ですから、借金が多いのか資産が多いのか直ちにははっきりしないために、相続放棄の決断がつかず迷っている場合には、この延長の請求をおすすめします。

その他、相続人が、相続財産が全く存在しないと信じかつ被相続人の生活歴被相続人と相続人との間の交際状態等からみて相続人が相続財産の有無を調査するのが著しく困難な事情等がある場合には相続放棄の熟慮期間は、例外的に相続財産の全部又は一部の存在を認識した時又は通常これを認識し得る時から起算されることもあります。

やむを得ず3ヶ月を過ぎて、相続放棄の必要性が生じた場合は、弁護士にご相談ください。
(あらかじめ、不可能な場合もあることはご了承ください。)



法律事務所リベロのサービスメニュー




ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス