• HOME
  • 相続放棄と限定承認

相続放棄と限定承認


遺産に借金があるような場合は,相続放棄か限定承認を検討します。

相続放棄

たとえば,マイナスの財産が明らかにプラスの財産を上回る場合や,相続争いに巻き込まれたくな
い場合,
相続人は,相続を放棄することが可能です。

相続を放棄する場合,相続人になったことを知った日から3ヵ月以内 に,相続放棄する旨を,
家庭裁判所に申述しなくてはなりません。

 

限定承認

相続人が得たプラスの財産の範囲内で,被相続人の借金を返し,残った財産を相続できます。
たとえば,マイナスの財産が多い場合には,プラスの範囲内で債務を返済し,残りの債務を返済をせず
に終了できます。つまり,限定承認者は,相続財産の限度を超えて債務を返済する必要はなくなります。

限定承認する場合,相続人になったことを知った日から3ヵ月以内に,限定承認する旨を,
家庭裁判所に申述しなくてはなりません.。


法律事務所リベロのサービスメニュー



ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス