• HOME
  • 相続放棄と限定承認

相続放棄とは

相続放棄と限定承認.png 相続放棄とは、被相続人の残した財産や借金を引き継ぐ権利がある相続人が、それら財産や借金の相続を放棄することです。

相続とは、亡くなった方の権利関係を相続人が引き継ぐことです。

「不動産」や「現金」などの財産もあれば、借金なども財産に入るのです。
借金のみならず、損害賠償義務
も相続の対象になります。

多額の借金がプラスの財産を上回る時などの場合に、相続すること自体を放棄することが可能です。
ただし、条件がいくつかあります。


相続開始を知った3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をしなければなりません。

相続人が複数いる場合は、一部の人だけが放棄することも可能ですし、全員放棄というのも可能です。
ただし、相続では「これは相続するけど、これは相続しない」ということは原則できません。

自分だけが相続放棄をした場合、他の相続人に負の遺産が降りかかり、迷惑がかかることもしばしばあります。

円滑に相続放棄の手続を行うためには、専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。



法律事務所リベロのサービスメニュー




ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス