相続人になれない場合

本来なら相続人になれる資格のあった者も、以下のような事由がある場合には、遺産を相続することができません。

死亡

被相続人より先に死亡した場合、被相続人と同時に死亡した場合には、遺産を相続することが出来ません。


相続欠格

以下の事由に該当する場合には、当然に相続権がなくなります(裁判所への申立ても不要)。

 
① 被相続人や、自分より相続の順位が上位の相続人又は同順位の相続人を故意に殺したり、殺そうとして刑に処せられた場合

② 被相続人が殺害されたことを知りながら、告発・告訴しなかった場合

③ 詐欺や強迫によって、被相続人が相続に関する遺言を作成・取り消し・変更しようとするのを
妨げた場合

④ 詐欺や強迫によって、被相続人に相続に関する遺言を作成・取り消し・変更させた場合

⑤ 被相続人の相続に関する遺言書を偽造・変造・破棄・隠匿した場合


相続廃除

相続欠格のように、当然に相続権がなくなるわけではありませんが、被相続人を虐待したり、重大な侮辱を与えたり、相続人に著しい非行があった場合などに、家庭裁判所が相続権を剥奪するものです。

廃除をするためには、被相続人本人が、生前に家庭裁判所に申し立てて、審判等を受ける必要があります

遺言で廃除の意思表示をしていたような場合には、遺言執行者が家庭裁判所に申し立てることになります。



相続について詳しく知りたい方はこちら

初めての相続 法定相続とは
相続人になれない場合 相続できる財産
遺産の範囲に争いがある場合 遺産の評価
遺産分割の種類と方法 遺産分割協議書の作成
 



ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス