交渉・調停・審判における代理人業務

サービス内容

遺産分割について、相続人間で争いになってしまっている場合に、弁護士が代理人となって紛争解決手続きを行います

一般的に弁護士が相続に関与する形態です。

料金

着手金

事件を開始する時点でいただく費用です。

~300万円未満 経済的利益の8%+消費税
300~3,000万円未満 経済的利益の5%+9万円+消費税
3,000~3億円未満 経済的利益の3%+69万円+消費税
3億円~ 経済的利益の2%+369万円+消費税
     

報酬金

事件が終了した時点で、依頼者様が得た利益に応じて弁護士に支払う費用です。

~300万円未満 経済的利益の16%+消費税
300~3,000万円未満 経済的利益の10%+18万円+消費税
3,000~3億円未満 経済的利益の6%+138万円+消費税
3億円~ 経済的利益の4%+738万円+消費税
     
*上記の表に記載された「経済的利益」とは、着手金の場合には、その時点で判明している相続分の時価相当額を指します。
 報酬金の場合、遺産分割協議等の結果、現に依頼者が取得することになった財産の時価相当額を指します。

*「受任時に遺産総額が不明確な場合」のように、上記の表では着手金を算定できない場合、また、「遺産総額が極めて高額であり着手金が高額になる場合」には、着手金の一部または全部を事件終結時に報酬金として支払うかなどの対応を個別にさせていただきます。

重大性困難度複雑性、業務量などによって増額させて頂く場合がございます。受任後同様の事情が生じたときも増額させて頂く場合がございます。


法律事務所リベロのサービスメニュー



ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス