• HOME
  • 各士業の役割の違い

各士業の役割の違い

相続問題には、複数の士業が関わっています。 
「税理士は相続税」と役割は分かり易いですが、弁護士と司法書士・行政書士はどう違うのか?というご質問をよく頂きます。下記に、各士業でできることをまとめましたので、ご覧下さい。 
項目 弁護士 司法書士 行政書士 税理士
相続調査
遺産分割協議書作成
代理人として交渉


遺産分割の調停


遺産分割の審判


相続登記

相続税申告



各仕業で出来ることが異なりますので,お願いしたい業務内容によって,どの専門家に相談するかを決めて下さい。

なお,代理人として他の相続人と交渉したり,調停や審判に出席するのは弁護士しか出来ませんので,
相続人間で揉める要素がある場合,代理人を立てる必要を感じている方は,弁護士のもとに相談に行って下さい。


ImgTop5.jpg 

HOME 弁護士紹介 事務所の特徴 サービスと費用 アクセス